【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » キッチン周りの下水のような匂いを改善する方法について解説!

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチン周りの下水のような匂いを改善する方法について解説!

2021年12月08日 キッチンのお掃除

キッチンで気持ちよく料理をしているにもかかわらず、下水のような匂いを感じて気分が悪くなったことはありませんか?食品を扱う場所は、常に清潔でなくてはいけません。

水回りの汚れは健康面へ被害がおよぶ可能性もあるため、何が原因でキッチンから悪臭が発生しているのかをしっかり突き止め、不快な匂いを早期解決しましょう。

キッチンの下水のような匂いの原因とは?


キッチンで下水のような匂いを感じたとき、考えられる主な要因は生ごみ、油、排水口、スポンジの汚れです。

三角コーナーに捨てている野菜の切れ端やラーメンのスープといった食べ残しは、キッチンの悪臭につながる大きな原因です。シンクは水気が多いため、雑菌にとって最高の環境といえます。繁殖力が増してしまい、不快な匂いを発生します。

また、揚げ物などの油を使う料理をすると、どうしても油が飛び散ります。掃除をせずにはねた油を放置してしまうと、汚れが酸化し臭くなります。

常に水気が多く食べ残しなどの汚れが溜まりやすい排水口と排水管は、最大限に気を配らなくてはいけません。排水口は日常的に使用していると目につきやすいため、そこまで掃除の心配はいらないでしょう。

しかし、排水管は普段目にする機会が少ないはずです。こまめに掃除を行っていても匂いが気になる場合、排水管が汚れているかもしれません。

食器を洗い使い終わったあとのスポンジも水気があるため、汚れが残っていたり乾かしていなかったりすると、菌が増えて悪臭の原因となります。菌と水分は密接な関係にあることを肝に銘じておいてください。

キッチン周りの下水のような匂いを改善する方法


臭い匂いだけが改善できればいいと考える方もいますが、悪臭の原因を取り除かない限り、根本的な解決には至りません。悪臭はどこかに汚れがあるサインです。

普段手が届きにくい場所まで掃除をすることによって、キッチン周りから放たれる下水のような匂いは改善されます。

三角コーナーに捨てた生ごみは、水気を好む菌にとってご馳走です。特に夏は菌が繁殖しやすい季節なので、水気を切ってすぐに片付ける習慣をつけましょう。生ごみが出たら必ずゴミ袋にまとめて、最後はこぼれないように固く袋を結んでください。

生ごみを片付けても悪臭が消えない場合は別の場所にも生ごみがないかを確認しましょう。生ごみを三角コーナーに捨てず、通常のゴミ箱に捨ててしまっている人は要注意です。液体状の食品が入っていた容器は必ず洗い、区別して捨てましょう。

料理をしたあと、コンロの周りやレンジフードに油汚れがついていませんか?掃除の際は油汚れをゆるめる重曹を使い、最後は専用の洗剤でしっかり汚れを落としましょう。

レンジフードは、外部のカバーやフィルターのほか、内部にも油汚れが溜まっていないか確認してください。長年掃除をしていないと換気扇の羽にも汚れが溜まり、最悪破損してしまいます。レンジフードの掃除は腰が重い作業ですが、定期的に掃除をしましょう。

あらゆる掃除を行っても下水のような匂いが続く場合、排水口の見えにくい汚れが蓄積され、臭っているのかもしれません。排水口は一見ごみがなくなったように見えても、取り切れなかった汚れがひどくなり、ドロッとした汚れがこびりついていることがあります。

簡単にとれない汚れは塩素系漂白剤をスプレーし、一定時間放置してください。最後はブラシなどを使えば綺麗にできるでしょう。

キッチン周りは普段から予防策を講じて匂いを防ごう!


悪臭に気付いてから掃除をするのは効率的ではありません。そもそも悪臭を発生させないための予防策を行いましょう。

もっとも手軽な悪臭予防は、50℃程度のお湯をシンクに流すことです。凝り固まった汚れがお湯でゆるむため、排水口に流れやすくなるのです。

この予防策において決して忘れてはいけない注意点が、流すお湯の温度です。排水管の耐熱温度は一般的に60~70℃といわれています。加えて、管のつなぎ目に使われている接着剤の耐熱温度は45℃前後とされており、熱に強くありません。

つまり、熱湯を流してしまうと排水管が熱に耐えきれず、水が漏れてしまうかもしれません。排水管が故障しては元も子もないため、熱湯は流さないでください。

まとめ


キッチンから悪臭が放たれる理由はいくつか考えられますが、清潔な状態を保つことが重要なのは言うまでもありません。平日は見える範囲でごみを取り除き、週末は隅々まで掃除を行うなど、無理のない範囲で掃除のリズムを作りましょう。

掃除をしてもキッチンの悪臭が消えない場合は、シンクの排水管に汚れが蓄積していることも考えられます。放置すると詰まりがひどくなり、排水管本来の働きができなくなってしまいます。

キッチンでの作業は、周りの設備を壊してしまうといった大きな問題を引き起こす可能性があります。自分でできる限りの手を尽くしたら専門業者へ相談してください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315