【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 食洗機用の分岐水栓は自分での取り付けが可能?DIYする際の注意点をチェック!

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

食洗機用の分岐水栓は自分での取り付けが可能?DIYする際の注意点をチェック!

2022年03月04日 キッチンのメンテナンス

面倒な食器洗いを手軽に、短時間で行える食洗機。

共働き世帯の増加にともなって急速に普及している食洗機ですが、もしご自身で取り付けようと考えているなら、注意したいことを事前に確認しておきましょう。

DIYの流行から、自分で分岐水栓をつなぎ、食洗機を使用している方も増えています。

今回は、自分で分岐水栓の取り付けをする上での注意点や、押さえておくべきポイントをご紹介します。

食洗機はDIYで取り付けられる?


結論からお話しすると、食洗機はDIYでも取り付けが可能です。
ビルトイン(引き出しタイプ)型を設置するのは工程が多く少々手間がかかりますが、卓上(据え置き)型であればさほど難しくありません。

ただし、食洗機は15~20kgの重さがあるため、女性1人では重さの面で設置が難しいでしょう。2人以上であれば、問題なく取り付けが可能です。

設置手順としては、まず既存の水栓から水を分岐させ、食洗機に水を送る「分岐水栓」を設置します。分岐水栓と食洗機をつなぎ、コンセント・アースをつなげば完了です。

食洗機の分岐水栓を自分で取り付ける方法


食洗機の分岐水栓の取り付けを自分で行うにあたって、難しいイメージを持たれる方もいますが、基本的には2つの道具があれば完了します。

■レンチ
1つ目は、ボルトやナットを締めるために必要なレンチです。

ただ、注意しておくべき点は、サイズに適合したレンチを準備する必要があります。あらかじめ、サイズを確認してから用意するようにしましょう。

サイズに合うレンチを用意する他に、掴む幅を微調整できるモンキーレンチを使用する手もあります。工具慣れしていない方でも、扱いやすいのでおすすめです。

■ドライバー
もう一つは、ドライバーです。とくに混合水栓の場合は分解できないため、必須のアイテムです。

水栓の形状によっては、ドライバーがなくても取り付けが可能ですが、蛇口の種類によっては、これら以外の専用工具が必要になるので、どの工具が必要なのかを確認しておきましょう。

食洗機の分岐水洗を自分で取り付ける際の注意点


食洗機の分岐水栓の取り付けにあたって、揃える道具は多くないものの、気をつけるべきポイントがあります。

まず、自分で行う以上は、安全第一で行うことです。鋭利なものを使うわけではありませんが、指を挟んだり傷つけたりする恐れもあります。重い本体や工具の取り扱いには十分に気を付けましょう。

食洗機はすべての機種でお湯に対応しているとは限りません。水のみ可能な機種も存在するため注意しましょう。

また、お湯に対応している食洗機でも、給湯温度は60℃以下と決められています。お湯にすることと汚れが落ちやすくなりますが、食洗機によっては低温のお湯の使用を推奨しているものもあり、規定の温度に注意が必要です。

食洗機の使用頻度や洗い物の量を考慮して選ぶようにしましょう。

また、分岐水栓の分岐方向によって、食洗機の置く位置が変わってきます。

食洗機とは逆の方向へ分岐水栓が向いている場合は、チューブの長さが足りなくなる、遠回りしてチューブを持ってこなければならないなど予期しない事態に陥ることがあるため、あらかじめ食洗機のスペースを把握し、決めておく必要があります。

業者に分岐水栓を依頼したときの費用


分岐水栓を自分で取り付けない場合、業者に依頼するケースがあります。

気になるのはその費用ではないでしょうか。分岐水栓だけの取り付けなのか、食洗機だけの取り付けなのかで金額も変わってきますが、費用形態で押さえておきたいポイントは、依頼する業者の選定です。

選択肢としては、水道工事専門か家電量販店になります。金額の相場は、家電量販店の場合5,000~8,000円程度が相場となっています。食洗機をその家電量販店を購入して設置まで行ってもらえば費用は安く済みます。

しかし、一般的に取り付けだけを行ってもらうことはできないため注意しましょう。コストがかからない反面「家電量販店が取り扱う製品からしか選べない」というデメリットがあります。

水道工事の専門業者の場合は、分岐水栓のみの取り付け工事で1万5,000円程度が相場です。

持ち込み業者に依頼する場合には、一部の取り付けと、自分で家電量販店やネット通販から調達した場合とで金額が変わっていきます。

食洗機の取り付けや分岐水栓の取り付けならそれぞれ約1万円で抑えられますが、両方依頼すると約3万円弱程かかってしまいます。

食洗機、分岐水栓どちらを取っても、水道工事の専門業者の方が金額が高くなる傾向があるものの、水道のプロが設置を担ってくれる安心感があり、たとえば水が流れにくい・水の勢いが弱いなどのキッチン周りの他の悩みを抱えているようであれば、セットで依頼した場合総合的な費用を安く抑えられることもあります。

まとめ


今回は、自分で分岐水栓を取り付ける際の注意点や、業者に依頼する際の費用などをご紹介しました。

昔に比べて、自分で道具を揃えて取り付けをする方法も主流になりつつあります。食洗機の設置は、難しい作業なしで気軽に取り掛かることができます。食洗機選びや取り付け方法に正解はなく、家族の人数や用途によって大きく変わっていきます。

子どもや高齢者が一緒に住んでいる場合は、家に在宅の時間も長くなるので、水周りの安全性や料金に気をつかいたいところです。電気を使用するのか、ガスを使用するのかでも金額は変わってくるので、自分の居住スタイルに合わせて設置するとよいでしょう。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315