【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレを修理する前に水漏れの種類を把握しておこう!

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレを修理する前に水漏れの種類を把握しておこう!

2018年09月10日 水漏れトラブル
トイレを修理する前に水漏れの種類を把握しておこう!
日頃から使っているトイレは、ふとした拍子に水漏れを起こしてしまうことがあります。トイレが故障してしまうと、とても不便です。そのため、修理に出してすぐに稼働するようにしたいという方も多いでしょう。ですが、その前に水漏れの種類を把握しておき、どのような対処が必要か理解しておくことが重要です。
今回は、そんなトイレを修理する前に、水漏れの種類や修理に必要な道具について解説していくので、参考にしてみてください。


トイレで起こる水漏れの種類

トイレの水漏れといっても、発生箇所によって原因や修理の方法が異なります。トイレで起こり得る水漏れの修理には、どんなものがあるのか解説していきましょう。

1.トイレの給水管接続部分
トイレの水漏れで発生するケースが高いのが、壁から出ている給水管接続部分がナットの緩みやパーツの劣化・破損が原因で、水漏れが発生してしまうということです。
基本的に10年以上使用しているトイレがある場合は、給水管接続部分から水漏れが発生するケースがあるので、こまめに様子を確認しておくことをおすすめします。

2.トイレの止水栓
配管に取り付けられている止水管は、本来であれば水漏れが発生した時に、水の供給を止めるために取り付けられています。
しかし、パッキンが劣化・破損することで、止水管自体から水漏れが発生することがあるので注意が必要です。止水管から水漏れが発生している場合は、水を止める方法が元栓を締めることしかできないので、元栓の位置を事前に把握しておきましょう。

3.トイレの排水管接続部
トイレの排水管接続部にもパッキンが使用されていて、劣化・破損することで排水管接続部から水漏れが発生する可能性があります。排水管からの水漏れであるため、放っておくと悪臭が漂ってしまう原因になってしまうでしょう。個人で対応するのは難しいので、困った時は水道業者に修理を依頼しましょう。水道職人ならお電話いただいた後、30分~1時間程度でご自宅までお伺いいたします。まずはお電話ください。


トイレの修理に必要な道具

トイレから水漏れが発生している場合、個人で修理を行うこともできます。そんな時に、修理に必要な道具はどんな物があるのか、いくつか紹介していくので、参考にしてみてください。

1.マイナスドライバー
水漏れが発生した場合に、止水管を締める時に必要になる道具です。常備している家庭も多いですが、持っていない場合はホームセンターでも購入することができるので、一度探してみてください。

2.モンキーレンチ
ナットを緩めたり締めたりするときに使用する道具です。水漏れが発生した時には、使う機会が多いので、事前に購入しておくことをおすすめします。
サイズも様々用意されているので、作業できるスペースのことを考慮して、サイズを決めてから購入するのがおすすめです。

3.バケツやタオル
水漏れを修理する時には欠かせないのが、バケツやタオルです。少し高い位置にある配管から水が漏れている場合、受け皿となるためのバケツは必須。また床が濡れてしまった時のことを考えて、タオルも用意しておく必要があるでしょう。


トイレで発生しやすいトラブルの種類

トイレで発生する可能性のあるトラブルはいくつか種類があります。その中でも、発生する可能性の高いトラブルの種類を解説していくので、参考にしてみてください。

1.トイレの水が止まらない
トイレのトラブルで多いと言われているのが、トイレの水がチョロチョロと止まらなくなってしまうという故障です。
原因は、タンク内にある接続されている部品が消耗してしまい、正常な働きが出来なくなってしまうことあります。ボールタップやフロートバルブといった部品が破損することで生じるので、早めに新しい部品に交換するように心がけましょう。

2.トイレの水が溜まらない
レバーを回しても水が溜まらない場合は、給水管内にサビやゴミが溜まってしまい、詰まってしまっている可能性があります。給水管にはストレーナーというフィルターがあり、サビやゴミがタンク内に混ざらないように保護されています。しかし、ストレーナーはこまめに掃除やメンテナンスを行っておかないと、詰まりを引き起こしてしまう原因になるので、日頃から注意しておかないといけません。

3.タンクと便器の間から水漏れ
タンクと便器は分離することが出来るようになっていて、間には密結パッキンと呼ばれているパッキンが存在しています。この密結パッキンが劣化・破損することで、タンクと便器の間から水漏れが発生してしまう可能性があるのです。
水漏れを改善するためには、パッキンを新しい物に交換すればいいので、ホームセンターで購入しておくといいでしょう。



自分で修理できない場合はプロに依頼

トイレの水漏れの多くは、ナットの緩みや内部パーツの破損が原因です。自分で修理することも可能ですが、中には分解に必要になり、手間がかかることもあります。
そんな時には、水道職人に一度ご相談ください。水道職人は24時間365日お電話を受付しており、急な水漏れトラブルにも対応しております。プロの技術があれば、すぐにトイレの水漏れを修理することができるので、お気軽に相談してみてください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315